未分類

万が一を生き抜くために。災害時に備えて持っておいた方が良い防災グッズ

私たちは自然災害の多い国、日本で暮らしています。

ひとたび大きな地震や台風がくれば生活の基盤であるインフラが崩れてしまうこともあります。そんな万が一を生き抜くためには、日ごろからの備えが大切です。

あなたは万が一の事態に備えて行動できているでしょうか?自分や家族を守るために防災グッズを備えておきましょう。

自然災害は予告なく突如起きるものですよ。

絶対に持っておいた方がいい防災グッズ

モバイルバッテリー(コンセント付き)

モバイルバッテリーは最重要です。

電気が止まった場合、携帯電話で

  • 家族や友人の安否確認
  • インターネットから災害情報を得る

携帯電話は重要なアイテムなので電池を確保しなければいけません。

ここで重要なのはモバイルバッテリー自体をきちんと充電してあることです。空っぽのモバイルバッテリーでは意味がありません。

つい充電を忘れてしまう人には「コンセント付き」のモバイルバッテリーがおすすめです。普段はただのコンセントとして使用しておくことで、常に充電されている状態になります。

懐中電灯

電気が止まった時の夜は真っ暗でなにも見えません。懐中電灯を持っておけばペットボトルを併用するとランタンにもなります。常備しておきましょう。

長期保存水

水道が止まった時のために飲料水の確保はしていた方がいいです。一般的に販売されている水だと賞味期限が近いので、長期観保存できるものを購入しておくとうっかり賞味期限切れにならなくて安心ですよ。

非常食品

災害が起きると食料不足になります。家族が数日間食べてしのげるくらいの食べ物は備えておきたいですね。

ウェットティッシュ

水道が止まって水が出なくなった時にウェットティッシュは重宝します。食事前の手洗いなどに使うと水なしでも清潔ですね。

ボディシート

災害で水道が長期間止まってしまうとシャワーも浴びれない状態になってしまうかも。。ボディシートがあると安心です。

生理用品

家族に女性がいる家は少し多めに買っておくと良いですね。生理用品はなかなか支援物資として入りにくいですが、身体は待ってはくれません。予備の備えは大切ですね。

サランラップ

水が出ないとお皿も洗えませんよね。そんな時に重宝するのがサランラップです。お皿の上に敷いて使うと、食後は捨てるだけです。

リュックタイプの防災グッズセットもおすすめ

個別に揃えるのはめんどい人は防災グッズセットの購入がおすすめです。リュックタイプだと、そのまますぐに持ち出せるので便利です。

今すぐ防災グッズをそろえよう

自然災害なんて自分に縁がないなんて思ってませんか?

日本全国、大丈夫な地域なんてどこにもありません。

防災グッズを持っていない人は今すぐそろえて、「万が一」に備えましょう。

明日は我が身 ですよ。