お金

サラリーマンが1年間で100万円貯めるための節約術10選!

「年間100万円を貯金したい!」そう目標を掲げるなら、コツコツとした節約と大きな節約(固定費の削減)が必要です。

今回紹介する節約術を実践すれば年間100万円を貯金することも夢ではありません。無駄なところは削減して「年間100万円貯金」を達成しましょう!

お金はあればあるほど良い

「お金はあればあるほど良い」です。お金はないと困りますがあって困るものではありません。

ただ貯めこめば良いというものでもなくて

  • スキルアップ(勉強・書籍の購入)
  • 投資(株など)
  • 体験(旅行など思い出つくり)

には使った方が良いと考えます。

自分にとってプラスの経験になることにお金を使うには、いつでも使える余力のお金が必要です。「何かしたい」と思った時にお金がなくて行動が制限されてしまうのはもったいない!

節約をして貯蓄をすることは「プラスへの経験に投資する」ことにつながるのです。

知っておきたい節約術

1.クーポンを使う

買い物をする時はできるだけ「クーポン」を利用しましょう。

お友達とのちょっとした外食でマクドナルドに行った時など、クーポンアプリを利用すれば安くなります。飲み会の幹事であればクーポンで浮いたお金を自分へのお小遣いにすることだって可能です。

お金を節約するのに「恥ずかしい」という概念は捨てましょう。

買わなければ一番安いですが、無理に買い物をやめてストレスが貯まるようでは本末転倒です。どうせ購入するならお買い得に購入した方がいいですよね。

2.業務用スーパーで安く購入する

「業務用スーパー」は大量に安く手に入ります。使い切れる範囲で購入するならかなりお得です。

使い切れないものを購入するのはやめましょう。

3.日用品は安い時にまとめ買い

品質が悪くならないものはセールの時にまとめ買いをしましょう。

  • ティッシュペーパー
  • 洗剤
  • シャンプー

などは安い時に購入してストックしておくと良いです。

4.飲み物は水筒で持参

自動販売機の飲み物ってかなり高い設定になっています。

1か月毎日飲むと仮定すると

160円×30日=4800円

約5千円もかかってしまいます。

水筒を購入してお茶を作って持参すれば1か月あたり千円もしません。毎日買って飲んでいる人と持参する人では1年間で約4万円の差が出てきます。

毎日ジュースを飲んでいる人には作ったお茶に換えるだけでダイエット効果も期待できるので健康にも良いですよ。

5.自炊をする

外食は必要な時を除いてできるだけ控えましょう。外食では安い定食でも500円はするはずです。自炊して1食あたりの出費を300円以下に抑えましょう。

食事を抜いて安く済ませるのは絶対にNGです。パフォーマンスが落ちてしまいます。

6.見きり商品を購入する

見きり商品(おつとめ品)は賞味期限が近い商品を割り引いて販売しているものです。夕方~夜にかけて半額などになった商品を購入できればかなりお得!

ただし、消費しきれないほど購入するとマイナスになるので注意が必要です。

7.お風呂の追い炊きはしない

お風呂はガス代・水道代に大きく関わるところです。家族数人で暮らしている場合は湯船にお湯を貼り、冷めないうちにササっと全員入りましょう。次々に入れば「追い炊き」をあまりしなくて済むのでガス代が節約できます。

大家族はシャワー生活はNGです。一人暮らしの場合は節水効果のあるシャワーヘッドを利用すれば水道代節約も期待できます。

8.ふるさと納税をする

「節約」というより「節税」ですが、所得がある人は絶対にやった方がいいです。

好きな地域にふるさと納税をしたら本来払うべき地域(住んでいる地域)への税金が控除されて、実質2000円の負担額で返礼品がもらえるという制度。確定申告を自分でしなくていいような申請もあるのでお手軽です。

たったの2000円負担で

  • 米15kg
  • 和牛1kg
  • 高級果物

などの返礼品をもらえます。全部トータルでもらって2000円負担ですよ!

所得によってふるさと納税が可能な上限が決まっているので注意が必要ですが、シミュレーションもできるので簡単ですよ。さとふるなどのふるさと納税サイトから納税できます。

ふるさと納税に関しては本当にやらないと損です。「知らない人は損をする」という典型的な例だと思います。

9.携帯代金を見直す

スマートフォンのキャリアが3大キャリア(au,docomo,softbank)であるなら、携帯代金見直しの余地があります。

「格安SIM」にすれば月々約5000円、年間に換算すると約6万円もの節約になります。3大キャリアの解約金を払ってでも早めに切り替えた方がお得です。節約を考えるなら必須事項です。

ポイントが貯まりやすい「楽天モバイル」がおすすめ!

【格安SIM】とにかく安い!楽天モバイルのメリット・デメリット【格安SIM】楽天モバイルの10個のメリットを紹介!デメリットも少々ありますが、それを余裕でカバー出来るくらいお得です。組み合わせプランを使用すれば月々の利用料金は2000円以下!本当に安いです。iPhoneも利用可能です。3大キャリアは高いので、早く格安SIMに変更すればするほどお得です。...

10.クレジットカードでポイントを貯める

クレジットカードを利用すればポイントがついてお得に生活することができます。おすすめは「楽天カード」です。

楽天カードは

  • ポイントが貯まりやすい
  • 1ポイントから利用可能
  • 提携店舗が多い
  • キャンペーンが多い

かなりポイントが貯まりやすいシステムになっています。貯まったポイントは先ほど紹介した「楽天モバイル」の月々の支払いに1ポイントから使えるので、併せて利用するとかなり便利です。

ポイントは使ってこそ価値があります。ポイントを使いやすい楽天がおすすめです。

公式サイト☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」

まとめ

  1. クーポンを使うのをためらわない
  2. 業務用スーパーで安く購入する
  3. 日用品は安い時にまとめ買い
  4. 飲み物は水筒で持参
  5. 自炊をする
  6. 見きり商品を購入する
  7. お風呂の追い炊きをしない
  8. ふるさと納税をする
  9. 携帯代金を見直す
  10. クレジットカードでポイントを貯める

こつこつとした節約と、スマホ代金の見直し・ふるさと納税などの大きな節約を併せれば年間100万円を貯金することも可能です。

スマホ料金見直し・ふるさと納税の大き節約は必須事項です。そしてコツコツした小さな節約を併せて行いましょう。

年間100万円の貯金を目指して頑張ってください!

もう無理!ストレスがたまって長続きしない「やり過ぎ節約術」お金を貯めようと頑張っているのに節約が続かない…ストレスがたまって無理… そんな悩みを抱えていませんか? もしそんな悩みを持...
\どっちをプレイしたい?/
\どっちをプレイしたい?/